【募集】2013松山・白石の鼻巨石群シンポジウムを開催!

8/7は立秋でしたが、「初めて秋の気配が現れてくる頃」とされる日です。とは言え、まだまだ猛暑ですが一歩一歩秋に近づいていることは確実です(立秋に報道発表しました)。

さて、恒例で第4回目となります白石の鼻巨石群シンポジウムを9/22(秋分の前日) 13:00より開催します。
今年のゲストスピーカは、イースター島のモアイ像の修復工事やエジプト・スフィンクスの保全調査、国宝高松塚古墳の石室解体工事、飛鳥・石舞台の実験考古学など難事業を次々とこなされた世界最強の石工・左野勝司先生(奈良県在住)です。

カンボジアのアンコール遺跡の復元指導などでお忙しい中、四国・松山にお越しいただけます。ご期待ください。

また、私も負けじと今年1年、瀬戸内海地方の巨石群や飛鳥の巨石群を探検し白石の鼻巨石群との比較・調査などを行った結論として「瀬戸内海巨石文化圏」について話したいと思います。ご期待下さい。

●左野勝司先生はNHKプロフェッショナルにも出演しました。
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0528/movie/towa.html?keepThis=true&TB_iframe=true&height=380&width=510

●2013松山・白石の鼻巨石群シンポジウムの詳細。
http://web.haku1414.com/2013festival/

●2013松山・白石の鼻巨石群フェスティバル全体
http://haku1414.com/wordpress/2013festival/

一般的な講演会と違い、他ではなかなか聞けない話や情報になります。
多数の方々のご参加をお待ちしております。

松山・白石の鼻巨石群調査委員会事務局
篠澤邦彦 拝