「ピラミッド5000年の嘘」その3~不都合な壁画

ピラミッド5000年の嘘~目次

※順番に読んでいただけると幸いです。

——–本文はここから———-

エジプトの古代都市遺跡アビドスには幾つかの遺跡がありますがが、中でも有名なのは、ラムセス2世の父親・セティ1世(BC1300年頃)の葬祭殿です。

1997年、葬祭殿を見学しに来ていたブルース・ローレスという研究家は、セティ1世の葬祭殿の一角に不思議なものが描かれているのを発見しました。

以下がその壁画
abidus
梁にある
壁画に注目

hekiga_
アビドス神殿の壁画

heri
アビドス神殿のヘリコプタ

hikousen
サンダーバード2号?

kuruma
未来の車?

まるで現代や近未来の乗り物のようだと思いませんか? 

これらは単に、ヒエログリフがそういう形に見えているだけなのでしょうか?

余談ですがアビドスは映画スターゲイト(アメリカのSF映画・TVドラマ)で登場する惑星の名前です。

真相はともあれ、映画の脚本家たちはこれらの遺跡からインスピレーションを受けていることは間違いなさそうです。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: 世界の古代文明 パーマリンク