時間の不思議~太陽に同期せよ!

本年7/1に閏秒(うるう秒:leap second)を挿入することをご存知ですか?

———-日経 2015/5/9—-

今年7月1日は午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「59分60秒」が挿入される。地球の自転などに基づく「天文時」と原子時計に基づく「原子時」のわずかなずれを修正する「うるう秒」だ。たかが1秒、されど1秒。高度なコンピューター社会では思いも寄らないトラブルを起こすことがあり、関係機関は対策を進めている。

—————————

——共同通信———–

うるう秒 地球の自転速度が厳密には一定ではないために起きる「時間のずれ」を調整するための1秒。数年に1度、世界共通の標準時である「協定世界時」の1月1日か7月1日の午前0時直前(日本時間は1日午前9時直前)、世界同時に挿入される。もし実施していなければ、この50年余りで35秒程度のずれが生じた計算。4年ごとの「うるう年」は地球の公転の影響による。
————————–

通常は59秒から1分繰り上がり、0秒となるのが、59秒、60秒0秒と「うるう秒」を1秒挿入するのだ。

時間を合わさなければコンピュータシステムは誤動作を起こすのだ。

基本ソフトがフリーズしたりデータベースの不整合が起こったりする。
時刻に依存した機器間のデータ交換に異常を来す恐れがあるのだ。

何より現在の株式市場や為替市場はコンマ何秒で取引されている。

従ってコンピュータシステムではNTP(ネットワーク・タイム・プロトコル:時刻同期プロトコル)で全てのコンピュータ、ネットワーク機器が時間を合わせることが大事なのだ。

NTPの仕組みは階層構造を取っている。

何故、人はこうも時間について探求して行くのだろう。

階層0には、原子時計やGPS、標準電波などが正確な時刻源を持っている。
GPS衛星には原子時計が搭載されている。日本に2カ所ある標準電波も結局は原子時計を持っているのだろう。

階層0の時刻源から時間を受信し下位の階層へ時間を配布するのが階層1のNTP(時刻同期)サーバであり最終的に階層16まで構成することができる。

fig03

システムを維持するのには時間が大切な訳なのだ。

それは古代社会も同じだ。

古代も社会の仕組みを維持するのに「」が使われた。

岐阜・金山巨石群について「うるう年も計算していた太陽暦に近い精度!」の記事が2010年3月に岐阜新聞、読売新聞、毎日新聞、中日新聞を賑わせた。

———中日新聞(2010/3/10)—–

PK2009092202100072_size0

縄文人が暦を知る“天文台”だった説がある下呂市金山町の「金山巨石群」を調査する同市の調査資料室は9日、巨石内に差し込む光のデータ蓄積により、巨石群は1年間の周期とうるう年を観測することができ、太陽暦(グレゴリオ暦)に近い精度がある、とする調査結果を発表した。

調査は県史跡「岩屋岩蔭遺跡」などが点在する一連の巨石群で実施。巨石内に残る長さ55センチ「測定石」に、巨石のすき間から差し込む光が当たる日を、2001年から9年間観測した。結果、測定石に光が当たり始める日と当たらなくなる日が毎年同じで、4年に1回だけ1日ずれることが分かった。

調査室によると、石を照らす光は毎年ほぼ同じ位置に戻ってくる。しかし、正確な1年の長さ(1太陽年)は365日と約4分の1日。光が当たる位置は毎年、4分の1日分(約1センチ)ずつずれる。そのため4年に1回、当たり始める日と当たらなくなる日が1日だけずれるという。

——————————-

岐阜・金山巨石群の中心となる岩屋岩蔭巨石群は巨石の石組により一種の暗室を構成している。

そして太陽光線がビームのようにその暗室の中を照らすのだ。
石組の奥には太陽ビームが当たる測定石がある。

その測定石には2/28から太陽ビームが当たり初め10/14から当らなくなることが判った。
当っている日が228日
当らない日が 137日
——————
その差は91日

leap_year_1
(写真は金山巨石群2008 DVDより)

 

(篠澤注)
91.25×4で365日が計算できる。マヤのチチェン・イツァのククルカン神殿では91段の階段4面と頂上で365日を表現する。マヤ歴では時間の無い日(祝日)を1日入れて微調整(チューニング)する。

 
それだけではなく金山巨石群の調査メンバーは、毎年毎年の観測の結果、その測定石に当たり始める日と当たらなくなる日が4年に1回、1日だけずれることを発見した。

leap_year_2

leap_year_3
当っている日が229日
当らない日が 136日
——————
その差は93日

91+91+91+93=366日
つまり「うるう秒」を1秒挿入するのと同じように、4年に1回、日数の計算に1日挿入し微調整(チューニング)するのだ。

その補正のために利用している階層0の基準としてる物は。。

勿論、この太陽系システム(ソーラシステム)の宇宙では太陽なのだ。

太陽が階層0に居るのだ。

256

金山巨石群は階層1の時刻同期サーバとして機能し集団の構成メンバーに知らせるのだ。

equinox-sunset_2
(金山巨石群調査資料室HPより 秋分頃の夕日)

p.s.太陽に意識を合わせ自らの体内時計をチューニングすれば、一番正確かな?
太陽に同期せよ!(笑)

カテゴリー: 古代の巨石構築技術! パーマリンク